障害者支援施設 希望の家 グリーンホーム

最も重い障害の利用者の方々に、
明るく楽しい生活支援を

「希望の家グリーンホーム」では重い障害を持つ方々に、施設で自立した生活ができるよう「日中活動の生活介護事業」と「住まいの施設入所支援事業」を一体的に運営しています。利用者の意向や尊厳を尊重し、個別支援計画に基づき日常介護や創作活動の機会等のサービスを提供し、基本理念や創設の精神を基本にボランティアや地域の方々との交流や社会参加を推進し、生き生きと明るく楽しい生活ができるよう支援します。

事業内容 定員
  • 生活介護事業
  • 施設入所支援事業
  • 短期入所事業
  • 生活介護 52名
  • 施設入所支援 52名
  • 短期入所 4名

日課表

施設概要

  • 居室1
  • 居室2
  • 居室3

居室(1人部屋・2人部屋)

陽当たりと機能性を重視
1人部屋(洋室)と2人部屋(和・洋室)共に、開放的な明るい間取りです。また、全室に電動ベットが設置されています

大浴場

大浴場

リフト付浴槽
明るく広い浴場には、車椅子のまま入浴できる設備を導入。安心して入浴できるバリアフリー設計です。

食堂

食堂

清潔で明るい大食堂
全員で食事ができる大食堂に明るい日差しが入ります。清潔で機能的な厨房が完備されています。

デイルーム

デイルーム

中庭を臨む憩いのスペース
各棟ごとに廊下には利用者のコミュニケーションの輪が広がるデイルームを設けています。

ケアワーカー室

ケアワーカー室

利用者を24時間ケア
利用者の日常のケアも行うケアワーカーの部屋は、仮眠室も完備されています。

スロープ

スロープ

廊下は全てバリアフリー&床暖房
中庭の光が入る、ゆったりとしたスロープ。居住空間は、床暖房になっておりますので冬でも暖かです。

中庭

中庭

施設全体に明るい日差しを供給
グリーンホームの明るさの源である中庭。2階の部屋からは、車椅子でそのまま芝生の庭にでることが出来ます。
施設概要
定員 入所:52名 / 短期入所:4名
主たる対象者 身体障害者
敷地面積 2.500m2
建築延面積 2888.45m2
建物内容 鉄筋コンクリート造3階建

このページの上まで戻る

生活風景

グリーンホームでは、創設の精神を元に、利用者と職員が一つの家族として、仲良く助け合い、生活をしております。

生活風景

このページの上まで戻る

施設内活動

利用者の方々どうしのコミュニケーション、また、個人個人が打ち込めることを見つけ、有意義な生活を送れるよう、カラオケ・映画・フリー等のサークルを定期的に活動日を設け実施しています。また、特に音楽に力を入れており、音楽療法士の先生による音楽療法や、スヌーズレン等、心も身体もリラックスできる機会も設けています。その他、買物・外出・一泊旅行・週末には喫茶、月1回訪問出張理美容サービスの実施等、気分転換をはかり毎日の生活にはりを持てるよう努めています。

書道サークル

書道サークル

貼り絵

貼り絵

日中活動・朗読

日中活動・朗読

・パソコンサークル

日中活動・パソコンサークル

創作活動

創作活動

日中活動・車イスレクダンス

日中活動・車イスレクダンス

日中活動・フラワーアレンジメント

日中活動・フラワーアレンジメント

スヌーズレン

スヌーズレン

クッキングサークル

クッキングサークル

このページの上まで戻る

音楽療法

利用者の方々に明るく楽しい潤いのある生活を送って頂くため、また健康増進のために音楽療法(※1)や音楽活動を実施しています。

※1 音楽療法とは、音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて心身の障害の回復機能維持改善、生活の質の向上、行動の変容に向けて音楽を意図的・計画的に使用すること(日本音楽療法学会の定義より)

グリーンホームの音楽療法

グリーンホームでは、小集団セッションと大集団セッションを交互に1週間に1回音楽療法を行っています。スーパーバイザーとして武庫川女子大学の益子務教授を迎え、アドバイスをいただきながら音楽療法を実施しています。平成20年には現、大阪大学名誉教授の赤澤堅造教授との共同研究により、新たにバリアフリー電子楽器Cymis(Cyber Musical Instrument with Score)を導入しました。また、同年に当方人の3施設すべてで音楽療法を導入し、年に1度3施設合同での音楽会を開催しています。

音楽療法によって得た成果

音楽療法を行うことによって、自発的な意思・意欲、姿勢の改善が見られました。また、音楽によって大脳が活性化し、意欲の向上が身体能力に影響を与えたことから、重度の障害をもつ利用者の方に従来の機能訓練では見られない付随運動の縮小、腕や指先の稼動域の拡大が見られました。利用者の方が気軽に音楽に接することができる環境を作ることにより、音楽が生活の一部となっています。これにより、利用者の方の笑顔が多くみられるようになり、以前にも増して施設全体の雰囲気が明るくなりました。

小グループ

音楽療法・小グループ

小グループ

音楽療法・小グループ

大グループ

音楽療法・大グループ

このページの上まで戻る

音楽活動

グリーンホームの音楽活動

大正琴やピアノの演奏、コーラス活動を日中活動の時間に行っています。大正琴やピアノは、童謡や唱歌を中心に好きな曲を選んで頂き、指のリハビリを兼ねて演奏されています。

コーラス活動では外部から講師を招き、月に2回実施しています。日中活動で音楽に取り組まれている利用者の方には行事などで発表する場(※2)を設けています。

※2 3施設合同音楽会、ジョイントコンサート、誕生日会、地域の学校との交流会、ボランティアの集い等

取り組みと課題

取り組みとして、音楽活動を担っている職員の海外研修、ADLや心理的側面からの評価の数値化が挙げられます。今後の課題として、日常生活の向上などの2次的効果の検証、1人ひとりのニーズにあった音楽活動を提供し、その評価を行っていきたいと考えています。

バリアフリー電子楽器Cymis

バリアフリー電子楽器Cymis

コーラス活動

コーラス活動

3施設合同音楽会

3施設合同音楽会

このページの上まで戻る

健康管理「グリーンホームクリニック」(公益事業)

グリーンホームクリニック

希望の家グリーンホームでは、医療施設「グリーンホームクリニック」を併設しています。医師と看護師が常駐し、利用者の日常の健康管理と診察を行っています。また、地域の人々の診察も行っています。

診療科目 内科・外科・胃腸科
診療時間
午前10:00~12:30 × × ×
午後14:00~17:00 × × ×

このページの上まで戻る

リハビリ

常勤医師の指示の下、理学療法士による一人ひとりの状態に応じた必要な機能訓練を実施しています。ホットパックやマイクロ等の温熱療法、エアロバイクや歩行訓練等の運動療法を中心に実施し、手指の運動に刺繍や絵画などの創作活動も実施しています。

また、言語聴覚士による言語訓練、嚥下訓練の実施、及び、週1回、希望者にはマッサージ師による施術もしております。

  • リハビリ
  • リハビリ
  • リハビリ

このページの上まで戻る