法人施設案内

guide

motto

地域の人と共に、明るく幸せに暮らす。
それが私たちの願いです。

基本理念

一人ひとりの意思と人権を尊重する。
一人ひとりが社会の一員として、ともに生きる社会づくりに参画する。
一人ひとりが明るく、楽しく、幸せに暮らせる地域づくり、ホームづくりを目指す

基本方針

基本理念に基づき、利用者が生き生きと明るく、楽しい生活ができるよう充実した施設サービスに努めると共に、利用者の意思、意欲を尊重し利用者にあった個別支援計画により、自立した生活や就労を目指したケア・指導・訓練の支援を行う。
また、地域交流や社会参加を体得し、質の高い施設生活や地域生活を創造していきます。

創設の精神<万代イズム>

「希望の家」は創業者である、故・万代房子先生が実践・提唱された施設サービス活動の際の「考え方・精神」を次の通り継承し、全職員がこの「考え方・精神」に則り、日々の施設サービス活動を実践する。

  1. 施設の利用者・職員は一つの家族である
  2. 施設利用者は、施設で甘えてもよいが、感謝の気持ちを忘れてはいけない
  3. 施設利用者で出来ることは、出来るだけ自分でする
  4. 施設利用者一人ひとりに合った指導を気長く行い、強制はしない
  5. 施設利用者が間違った時は厳しく指導するが、後のフォローを確実に行う
  6. 施設への来訪者は、大事なお客様、出来るだけのおもてなしをする
  7. 施設職員は、利用者へのケアをさせていただくという姿勢を持つ

希望の家 品質方針

「希望の家」の基本理念に沿った、利用者の幸せ(顧客満足)を得るサービスを提供することを最重要方針とする。この方針を達成するために次に示すサービスを計画し、策定し利用者(顧客)に提供することを第一義と考えている。

  1. 利用者やその家族の要望と期待に応える質の高い介護・指導サービス
  2. 各利用者に合った、カスタムメイドの介護・指導プランによるサービス
  3. ロボットによる介護ではなく、「福祉の心」に根ざしたサービス
  4. 職員の「全員参加」によるサービス
  5. 継続的改善によるサービス

ISO9001:2015年度版を認証取得済

ISOとは、国際標準化機構をあらわすInternational Organization for Standardizationの略で、国際的に通用する規格のことをいいます。さまざまな製品やサービスに関して世界中で同じ品質のものを提供できるようにと制定された国際的な基準です。品質管理に関する「ISO9001」、環境管理に関する「ISO14000」が注目されています。当法人は3つの障害者支援施設(希望の家グリーンホーム・希望の家サンホーム・希望の家ワークセンター)でISO9001:2015年度版を取得しています。ISO9001は、顧客に提供する製品・サービスの品質を継続的に向上させていくことを目的とした品質マネジメントシステムです。
ISOがサービスの質に加えて、顧客満足(利用者)の向上を目指し人々の参画(職員全員参加によるサービスの実現)によって運用される主旨であることから、この主旨に賛同し取得をする運びとなりました。

沿革・定款・理事/監事名簿・役員報酬基準・決算報告

法人沿革

昭和36年 5月10日国際ワークキャンプの学生60余名と、宝塚市青年団による労働奉仕により「希望の家」完成
昭和36年 5月26日「希望の家」開園式
昭和36年 9月 5日 「希望の家」後援会発足
昭和40年10月 4日 社会福祉法人「希望の家」厚生大臣法人認可
昭和44年 4月 1日 身体障害者福祉法による身体障害者授産施設「希望の家西谷」(定員30名)開設
昭和52年 4月28日 「希望の家印刷部」(後の希望の家ワークセンター)完成
昭和53年 4月 1日重度障害者のデイサービス事業「希望学校」開始(昭和61年3月末 社会福祉協議会へ移管)
昭和56年 4月 1日「希望の家ワークセンター」(定員30名)と「希望の家西谷」(定員30名)が、身体障害者授産施設として認可
昭和62年10月 1日 指定重度身体障害者授産施設「希望の家サンホーム」(定員50名)開設
昭和63年 6月 1日 「希望の家サンホーム」内に歯科診療所を開設
平成 3年 4月 1日老人デイサービス事業開始(平成8年11月 特養へ移管)
平成12年3月31日 「希望の家西谷」を廃止
平成12年 4月 1日身体障害者療護施設「希望の家グリーンホーム」(定員50名)および「グリーンホーム クリニック」開設
平成14年 4月16日ISO9001:2000介護・指導サービスで認証取得(グリーンホーム・サンホーム)
平成16年12月 1日 「希望の家ワークセンタ-」改築
平成17年 4月 1日 「希望の家ワークセンタ-」内に「障害者相談センター」開設 
平成17年 4月16日 ISO9001:2000拡大審査により、指導サービスで認証取得(ワークセンター)
平成18年 6月 1日 「障害者相談支援センター」をコミセン「希望」として逆瀬川駅前アピア2に移転
平成18年 10月 1日 相談支援事業所開設(兵庫県指定・宝塚市委託)
平成19年 4月 1日障害者自立支援法により新体系移行「希望の家グリーンホーム」
「希望の家サンホーム」
平成20年 4月 1日 「希望の家ワークセンター」新体系移行
平成21年 4月 17日ISO9001:2008の新規格に3施設とも介護・指導サービスで認証取得
平成22年 5月 11日「コミセン希望」を規模拡大及び移設し、アピア1の4Fに「希望の家発達障害支援センター」として開設
発達障害支援センターの機能を付加(兵庫県指定)
平成22年 7月 1日「ひょうご発達障害者支援センター クローバー 宝塚ブランチ」開設
平成23年 5月26日 「希望の家」50周年記念事業挙行
平成24年 4月 1日障害児通所支援事業「きぼうっこ」開設
平成25年 4月 1日障害者就労継続支援事業「ジョブサポート希望」(就労継続支援 A・B型)開設
平成25年 4月 1日 地域生活支援事業「地域活動支援センター ひなた(陽)」開設
平成27年 4月 1日障害児通所支援事業「きぼうっこ」を発展分離し、障害児通所支援事業「きぼうっこアピア」と障害児通所支援事業「きぼうっこ逆瀬川」を開設
平成29年 4月 1日 障害児通所支援事業「きぼうっこ山本」を開設
平成29年11月1日
就労移行支援事業所「JCC希望」開設
平成30年 3月 30日ISO9001:2015の新規格に3施設とも介護サービスで認証取得