お知らせ

news

コロナウイルスに関する緊急時の利用者受入のための実習を実施致しました。

寒さが増すとともにコロナウイルスの第3波が猛威を振るっており、不安な毎日となっておりますが、希望の家では入所施設・通所事業所ともに感染対策研修や情報の共有をし、利用者の皆様に安心してお過ごしいただけるよう細心の注意を払っております。

希望の家では、入所者や短期入所者で濃厚接触によるPCR検査陰性の方に対する対応として、以前職員寮として使用していた建物を使い、中をゾーン分けしビニールカーテンで区切り、感染対策をきっちりとした場所を作り、そこで実際に受け入れ時を想定した実習を実施致しました。

感染対策の防護服などの正しい着用の仕方や、レッドゾーン・グレーゾーン・クリーンゾーンの正しい使い方を看護師より学びました。

いざという時に慌てず落ち着いて対応できる備えをし、利用者の皆様も地域の皆様も職員も安心して生活できるよう努めます。