お知らせ

news

今年もお餅つきをし、みなさんでお餅をおいしくいただきました。

新型コロナウイルスの感染拡大で季節の行事が減っており、なかなか季節感を感じることができない1年でしたが、今年もお餅つきを実施しました。

例年では施設の外で多くの利用者の皆様や職員で賑やかに実施しているのですが、今年は感染対策を実施し職員が室内で餅つき機を使用しお餅をつき、利用者の皆様にはおやつの時間に召し上がっていただくという方法で実施致しました。今年も、もち米は希望の家の監事 井上様より頂き、お餅つきのご指導は地元の福田様に来ていただきました。

お餅がふっくらでき上がり、いい香りがしてくると職員がお餅をつくっている食堂の外から、利用者の皆様がちらっと覗きに来られ、本日はクリスマスでしたが「いよいよ年末ですね」とお話をしながら、おやつの時間を楽しみに待ちました。

毎年恒例のあんこ・きなこ・大根おろしの三種類のお餅を利用者の皆様がお好きな味を選び、おいしそうに召し上がっていました。
「おいしい~!」「今年もあんこときなこにしたよ」「あっという間に食べてしまった」「今日はクリスマスやけど、お餅おいしい!」などとても喜んで頂き、私たち職員もとても楽しい時間を過ごすことができました。

今年は新型コロナウイルスの影響で、様々な行事が中止になり、今までと違う窮屈な1年となってしまいましたが、少しでも利用者の皆様に楽しんで頂けるような行事を実施してきました。
来年もなかなか今まで通りの生活は難しいかもしれませんが、利用者の皆様に快適に過ごして頂けるように努めてまいります。

今年一年、ご支援賜りまことにありがとうございました。
来年も「希望の家」をよろしくお願い致します。