お知らせ

news

11/11(水) コロナウイルス感染が発生した想定での、感染対策研修を実施致しました。

少しずつ冬を感じる季節となり、コロナウイルスの感染者数も増加傾向にありますので、再度職員への感染対策の徹底の周知と、実際に感染者が発生した想定での感染対策研修を実施致しました。

日々変わっていくコロナウイルス関連の情報も職員へ共有し、いざという時への備えのために感染者の居室付近を想定した「レッドゾーン」や、防護服の着脱等をする「グレーゾーン」なども設定した研修会場を設営しました。

兵庫県の協力を得て感染対策に関する備品を提供して頂き、ガウンやプラスチック手袋、フェイスシールドなどを装着し、ゾーン分けしたエリアでどのように行動したらよいかを看護師指導のもと出席職員全員で実際に行いました。

決められた場所で決められたものを着脱し、絶対にウイルスをクリーンゾーンに持ち出さないようにするのはとても慎重に行わなければならないことを改めて実感し、万が一の際はしっかりと感染対策を実施できるようとても有意義な研修となりました。

今後も気を引き締めて、利用者の皆様が安心安全にお過ごし頂けるよう細心の注意と対策を実施してまいります。