地域活動支援センター

1日に1度多様なプログラムや、工賃が発生する豊富な種類の作業を

「地域活動支援センター ひなた(陽)」は平成25年4月から、阪急逆瀬川駅の近くの利便性のある場所で、発達障害および精神障害の方を対象に創作的活動や生産活動の機会を提供し、社会生活や日常生活の促進を支援します。
利用にあたっては、契約が必要です。

開所日 月曜日~金曜日 (土日、祝祭日および12/29~1/3、8/13~8/15を除く)
開所時間 10:00~16:30
定員 1日15名
※利用料はかかりません。
ただし、講座などで材料費が発生する場合は実費の負担をお願いします。
対象者
  • 発達障害のある方、あるかもしれない方
  • 精神障害のある方
  • 上記の方で障害者手帳は持っていないが主治医に意見書を書いてもらえる方
  • 将来的に働いてみたいと考える方
  • ひなたで決めたルールを守れる方

プログラム

創作活動

創作活動では、物を創ることで集中力を高め、作品が完成することで達成感を得ます。また、完成した作品は、第1・3火曜日に阪急逆瀬川駅隣接の商業施設アピア1の3階で開催しているバザーに出品しています。

講座

パソコンやアロマテラピー、ハンドマッサージ、メイク、ネイル、クッキング、手芸など様々な講座を行い、楽しみを見つけ、参加者同士のコミュニケーションを図る場所を提供します。

SST

月に1回、マナー講座や就労に必要な知識等のソーシャルスキルトレーニングを行い、地域生活や、就労につなげていく支援を行います。

生産活動

こんにゃくの袋詰めや車の部品の組み立て作業などのほか、他施設での実習を行い、就労につなげていく活動を行います。工賃が発生した際はお支払いいたします。

その他にも、年に数回の季節行事を企画、開催します。毎日、利用される方の要望を取り入れた予定表を作成しています。

ひなたを利用して頂く方法

1、相談

障害者相談支援事業所「コミセン希望(0797-76-5800)」までご連絡下さい。

2、見学・体験

見学、体験をして頂き、利用申込書に記入して頂きます。

3、利用契約

事業所、お住まいの市と協議し、通所受入れの決定についてご連絡します。
利用時には、ひなた で決めたルールを守って頂きます。

利用開始となります!